僕らの微笑から捲れるページ宇宙を惹きつけるほどの物語を編もうよ


by yumetamahappy

気迫じゅうぶん

ワンテンポ遅れるたびにこんなに気がつかない私を自覚した。
今まで自分を買いかぶりすぎていた。そう、「過ぎていた」

二十歳の頃みたいには動けないのはわかる。
ここで言いたいのは老化を認めることではない。
年相応プラスあかるさをもっともっと極めていこうよ。
はた迷惑にならない大人のバランスで。

出来事にはいっぱい気づく点があるのだということ。
感覚を開いてそれ以上の気づきをさらい取ってくる。

気迫だけはじゅうぶんだ。

そして、だいすきなひとと生涯楽しく暮らすのです。
足りないものなど何ひとつない。ハートの艶を増すのであります。
[PR]
by yumetamahappy | 2013-06-30 18:44 | ことばごと