僕らの微笑から捲れるページ宇宙を惹きつけるほどの物語を編もうよ


by yumetamahappy

月の雫

はじけた笑いが寝息になって
あなたの胸に光る星ふちどる幸福
私の世界がとりどりに点滅しだした
変わっていくことが深い悲しみから
かぎりない歓びになったのよ

手すりにもたれて人生の螺旋階段を見渡す
しあわせの小鳥を感じてありがとうのキスをして
自由に飛び立たせたのはいつつ前の春のこと

丘を越え野原を歩き言葉をかわしてきたね
互いの夢のかけらが互いに息づいていたから
永久を見たね時のない夢を見たね二人の笑顔があったね

そのままでいてね、とあなたは私を月の雫のように受けとめた。
[PR]
by yumetamahappy | 2013-07-05 17:05 | つづりごと