僕らの微笑から捲れるページ宇宙を惹きつけるほどの物語を編もうよ


by yumetamahappy

カテゴリ:にゃあ!ごと( 4 )

昼寝中の彼がさっきからオナラを連発している。

彼の放屁には人格すら感じる。
それだけ毎度強烈なサウンドである。
(固い布袋を破ったような音)

「ありがとう、僕のオナラのファンでいてくれて」

だってオナラだよ!
その爆音は一日にして成らずだよね、
歴史も感じるし毎回音色が豊かなんだもん。

というわけで放屁で呼ばれたような気がして寝室へ向かいました。
「本当にね、何かメッセージ性があるよね、
『ねえ、元気?』とか『こっちに来て!』とか、

まるで長男がむずがっているみたいだよ!!


出産経験のない私の母性を刺激しまくる音なのであった。長男て。
「どんな長男や…」 彼のツッコミが入ったところで薄暮タイム。今日も平和です。
[PR]
by yumetamahappy | 2013-06-10 18:35 | にゃあ!ごと
キッチンのテーブルで佇みながら書き物をしていたら
Darlingが後ろを通りたくて苦心していた。

夏パジャマを着た私のお尻部分がつかえてまっすぐ通れないのだ。

「ダチョウのタマゴみたいだよね…

ダーちゃん♡


…( ̄ω ̄;)

Honeyのお尻の後ろを通るときは「大きなイベントだよね。
という至言を生み出したDarlingの第2弾。それがダチョウのタマゴのダーちゃん。

わひーん。゚ (;∀;)
[PR]
by yumetamahappy | 2013-05-18 19:17 | にゃあ!ごと
「越路お肉」というコピーを編み出したDarlingは
コシちゃん♡」と私を呼ぶようになった。

悩み無き明るい人生がやってくるのをどーんと感じるねえ.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.パカッ
[PR]
by yumetamahappy | 2013-05-18 16:41 | にゃあ!ごと
とある親しい年上の女性とサディスティック・ミカ・バンドの話になった。
彼女はミカさん世代、私は桐島かれんさんのボーカルで知ったこととなる。
その会話にピクッときたDarlingはさっそくYouTubeで「タイムマシンにおねがい」を再生しだす。
あるじゃーないですか、ミカさんのパワフルで野生な歌声がUPされてる。わぁい♡

パット・ベネターも連想するよね、と述べたらHeartbrekerを再生。
ついで彼が少年時代に両親の影響で聴いたという越路吹雪を再生。

ダーの趣味に一貫した女性ボーカルの野性味に気づく私。

と指摘すると私を指差して
「キミも、そう!」 ええーホンマでっか?!
ちょっと光栄(*'∀'*)

ぎゅうっと抱きしめられ、私の腹肉をつまみ
越路お肉、大好き♪

ガガガ━Σ(ll゚ω゚(ll゚ω゚ll)゚ω゚ll)━ン!!!


そこか… 私の野性味とはそこに有ったか…
愛は存在。くー。いつかひきしめてみせるゼ!ムキ━━━━ヽ( `ω´ )ノ━━━━!!
[PR]
by yumetamahappy | 2013-05-17 20:59 | にゃあ!ごと